想縄会

毎週金曜日レッドドラゴンにて開催されている緊縛練習会

Category: 注意事項&ルール

Comment (0)  Trackback (0)

縛り手様(縛る方)へ

・緊縛は手や腕の麻痺(手が動かない)や、落下事故などが起こる危険な行為です。危険がある事、縛り手は受け手に対して責任がある事をよく理解した上で練習、緊縛を行って下さい。

・練習を行う場合は、SM的な責める行為、意図的に体に触る行為は禁止です。腕、肩、頭など、どうしても体に触れる必要がある場合は、相手に一声かけて下さい。後ろから抱きしめるような縛り方は禁止です。極力、身体に触れないように配慮して下さい。

・初めて想縄会に参加された方が、会に参加している女子に直接縛らせて下さいとお願いする行為は禁止です。そのような行為があった場合は、わかり次第退場していただきます。

・受け手の体調が悪くなった場合、痛い、中断してほしいと言われた場合は、直ちに緊縛をやめて下さい。

・緊縛後は受け手に腕の痺れ等の異常が無いか、体調が悪くないか確認して下さい。

・受け手から緊縛中や緊縛後に体の痛み、手の痺れ、体調不良などを伝えられた場合は、 全てその場で当事者同士で解決をお願いします。想縄会が当事者同士の問題に関与する事はできません。

・想縄会では受け手の用意はありません。練習生同士やトルソーで練習を行ってください。カップルで参加する方はカップルで練習を行ってください。

・未経験者、初心者の受け手と練習する場合は、腕の痺れや怪我などの危険がある事をを説明し、その事を理解していただいた上で練習して下さい。

・一人の受け手が連続して練習を受けないように配慮して下さい。連続して緊縛を行う事は、怪我のリスクが高まる事を理解して下さい。

・パートナー、ご主人様、一緒に来ている男性がいる女性と練習する場合は、相手の男性に一声かけ、了解を得てから練習を行って下さい。

・受け手や想縄会に参加する方からクレームがあった場合、想縄会から注意する事があります。また、クレームの内容から判断し、想縄会の主旨に反する行為があった場合は、会への参加を禁止させていただきます。

◆◆想縄会ルール <縛り手様へ>1.0版 作成:2014年1月10日◆◆
◆◆想縄会ルール <縛り手様へ>1.1版 改版:2017年9月22日◆◆

Newer Entry緊縛を習う方へ Older Entry受け手様(縛られる方)へ
Comments






メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017