想縄会

毎週金曜日レッドドラゴンにて開催されている緊縛練習会

Category: 注意事項&ルール

Comment (0)  Trackback (0)

禁止事項と注意事項

■禁止事項

・男女の出会い、パートナー探しを目的として講習会に参加する事を禁じます。

・女性の体に触るなど、性的目的で講習会に参加する事を禁じます。

・想縄会に参加している女子に直接、緊縛をお願いする行為は禁止です。

・練習を行う場合は、SM的な責める行為、意図的に女性の体に触る行為は禁止です。

・スタッフに許可無く、店内でカメラ、携帯電話、スマートフォンなどで撮影する事は禁止です。
 ※スタッフ、店員を除く

・緊縛中の方へ話し掛けたり、手出しする事は禁止です。
 ※スタッフ、店員を除く
 ※危険と判断した時を除く

・緊縛中の方に極端に近付いて見学する事は禁止です。

・縛り手、受け手とも、緊縛中および緊縛前の飲酒は厳禁です。

■注意事項

・着衣による緊縛とします。

・参加者は20歳以上の男女とします。

・受け手から緊縛中や緊縛後に体の痛み、手の痺れ、体調不良などを伝えられた場合は、 全てその場で当事者同士で解決をお願いします。想縄会が当事者同士の問題に関与する事はできません。

・下記の行為に該当した方は、想縄会への参加をお断りさせていただきます。
 1.主宰の永遠の指示に従えない方
  ※永遠不在時は、奈良、スタッフの指示に従えない方
 2.店員の指示に従えない方
 3.受け手からクレームがあった方
 4.想縄会参加者とトラブルを起こした方
 5.他の講習会やお店からクレームのあった方、トラブルを起こした方
 6.店内で女性に触ったり嫌がる行為をした方、練習中に不必要に女性に触った方
 7.緊縛に関する考え方そのものが危険と判断した方
 8.講習会に参加されない方
  ※初回の見学の方を除く
※クレームやトラブルの内容により、1回目は注意とする場合もありますが、2回目は内容にかかわらず想縄会への参加をお断りさせていただきます。

◆◆想縄会ルール <禁止事項>1.0版 作成:2014年1月10日◆◆
◆◆想縄会ルール <禁止事項と注意事項>1.0版 作成:2017年9月22日◆◆


Category: 注意事項&ルール

Comment (0)  Trackback (0)

緊縛を習う方へ

・教える内容は初級者向けの胸縄となります。
 ※中級、上級、吊りは想縄会では教えていません。

・講習生同士、またはトルソーを使った練習となります。

・想縄会に参加している女子に直接、縛りをお願いする行為は禁止です。

・経験の有無に係わらず、胸縄からの練習となります。

・イベント前、人数が多い場合は教えたり、アドバイスを出来ない事もあります。

・縛り方は色々あります。他の講習会やお店で想縄会で習っている内容を教えたり、論じたりする行為は相手先の迷惑となりますので、行わないようにして下さい。想縄会でも同じです。

・初級を卒業し、主宰の永遠がメンバーとして認めた方が想縄会メンバーです。想縄会に練習で参加されている方が、許可なく想縄会を名乗る行為は禁止とさせていただきます。

・緊縛を習う目的が明確でない方、想縄会の考え方と合わない方は参加をお断りします。

・他の講習会に参加されている方は、想縄会で習いたい理由を明確にお伝えください。

・お店など(SMクラブ等)で働いている方は講習会への参加をお断りします。

・覚える気が無いと判断した場合は参加をお断りします。

・自分の縄を購入しない方、購入予定のない方は参加をお断りします。(3回目以降)

・毎週金曜日に開催していますが、お店のイベント、他の講習会、永遠、奈良、その他の先生役が不在の場合は開催していません。また、急な事情により開催しない場合もあります。

◆◆想縄会ルール <縄を習う方へ>1.0版 作成:2014年1月10日◆◆
◆◆想縄会ルール <縄を習う方へ>1.1版 改版:2017年9月22日◆◆


Category: 注意事項&ルール

Comment (0)  Trackback (0)

縛り手様(縛る方)へ

・緊縛は手や腕の麻痺(手が動かない)や、落下事故などが起こる危険な行為です。危険がある事、縛り手は受け手に対して責任がある事をよく理解した上で練習、緊縛を行って下さい。

・練習を行う場合は、SM的な責める行為、意図的に体に触る行為は禁止です。腕、肩、頭など、どうしても体に触れる必要がある場合は、相手に一声かけて下さい。後ろから抱きしめるような縛り方は禁止です。極力、身体に触れないように配慮して下さい。

・初めて想縄会に参加された方が、会に参加している女子に直接縛らせて下さいとお願いする行為は禁止です。そのような行為があった場合は、わかり次第退場していただきます。

・受け手の体調が悪くなった場合、痛い、中断してほしいと言われた場合は、直ちに緊縛をやめて下さい。

・緊縛後は受け手に腕の痺れ等の異常が無いか、体調が悪くないか確認して下さい。

・受け手から緊縛中や緊縛後に体の痛み、手の痺れ、体調不良などを伝えられた場合は、 全てその場で当事者同士で解決をお願いします。想縄会が当事者同士の問題に関与する事はできません。

・想縄会では受け手の用意はありません。練習生同士やトルソーで練習を行ってください。カップルで参加する方はカップルで練習を行ってください。

・未経験者、初心者の受け手と練習する場合は、腕の痺れや怪我などの危険がある事をを説明し、その事を理解していただいた上で練習して下さい。

・一人の受け手が連続して練習を受けないように配慮して下さい。連続して緊縛を行う事は、怪我のリスクが高まる事を理解して下さい。

・パートナー、ご主人様、一緒に来ている男性がいる女性と練習する場合は、相手の男性に一声かけ、了解を得てから練習を行って下さい。

・受け手や想縄会に参加する方からクレームがあった場合、想縄会から注意する事があります。また、クレームの内容から判断し、想縄会の主旨に反する行為があった場合は、会への参加を禁止させていただきます。

◆◆想縄会ルール <縛り手様へ>1.0版 作成:2014年1月10日◆◆
◆◆想縄会ルール <縛り手様へ>1.1版 改版:2017年9月22日◆◆


Category: 注意事項&ルール

Comment (0)  Trackback (0)

受け手様(縛られる方)へ

・緊縛は腕の痺れ(手が動かない)や落下事故などが起こる可能性がある危険な行為です。危険がある事をよく理解した上で、緊縛を受けるかどうかを決めて下さい。
※怪我をした場合、仕事や生活への支障が出る事をよく考えて下さい。

・緊縛中に身体のどこかが痛む時、腕が痺れた時、体調が悪くなった時などは直ちに縛り手に伝え、緊縛を中止して下さい。

・緊縛後に身体のどこかが痛む時、腕が痺れている時、体調が悪くなった時、怪我をした時は、その場で縛り手に伝え、当事者同士で解決をお願いします。想縄会が当事者同士の問題に関与することはできません。

・緊縛を受けた場合、縄の痕が身体に数日残る場合があります。縄の痕が残って困る方は緊縛を受けないで下さい。

・嫌な縛り手の緊縛は受けないで下さい。緊縛中でも嫌な行為をされた場合は、遠慮なく断って下さい。

・縄の毛羽や、縄に染み込ませた馬油などが衣服に付く事があります。汚れても大丈夫な服装で緊縛を受けて下さい。

・着衣で緊縛を行いますが、ワイヤーのあるブラジャーは緊縛に適さないため、スポーツブラやパッド付きキャミソールを着られる事をお勧めします。

・パートナー、ご主人様、一緒に来ている男性がいる場合は、お相手の了解を得た上で緊縛を受けるようにして下さい。

・縛り手からの連絡先交換のお願いや、講習会後の食事のお誘いなどが迷惑な場合は遠慮無く断って下さい。お断りしてもしつこく誘われる等の迷惑行為があった場合は、想縄会メンバーに報告してください。迷惑行為をされた方は、想縄会への参加をお断りしています。

◆◆想縄会ルール <受け手様へ>1.0版 作成:2014年1月10日◆◆
◆◆想縄会ルール <受け手様へ>1.1版 改版:2017年9月22日◆◆


Category: 注意事項&ルール

Comment (0)  Trackback (0)

注意事項&ルール

・開催場所であるレッドクロウのルールに従ってください
・初めて参加される方は~
・最初はマネキンを~
・受け手さんは~


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017